>アーカイブ>事業者ローンを活用して急な資金繰りにも対応しよう

事業資金を調達するためには?

どのような事業であっても、何か行動を起こすためにはお金が必要となります。事業資金を手に入れるためには、手形割引を利用して融資してもらうのもいいですが、事業者ローンを融資してもらうのもひとつの手です。

ビジネスローンを融資してくれる機関

  • 銀行
  • 信販会社
  • 消費者金融

利便性の高さが魅力

上記で紹介したうち、信販会社と消費者金融をノンバンク系と言います。銀行ではないためそう呼ばれています。融資してもらいやすく、レスポンスも早いというメリットがあります。このノンバンク系からビジネスローンを融資してもらう時の流れを見ていきましょう。

ビジネスローンを利用する時の流れ

メンズ

申し込み

利用する会社に申し込みを行います。Webか電話での申し込みが基本になるでしょう。Webからの申し込みの場合は、折り返し電話がかかってきます。電話で事業内容や融資の理由を尋ねられます。

審査

電話でやり取りした情報を元に、融資会社が仮審査を行います。この仮審査は機会が行っている場合が多いと言われているのです。仮審査に合格したら、次は本審査を行います。本審査は人の目で行うので、多少厳しいでしょう。

融資

本審査に合格することができたら、融資になります。指定した口座にお金が振り込まれるでしょう。

事業者ローンを活用して急な資金繰りにも対応しよう

円

融資のハードルが低い

ビジネスローンは他のローンに比べると融資のハードルが低いと言われています。なので、比較的借りやすいでしょう。ですが、この時に注意して欲しいのが利用者によって融資可能な金額が変わるということです。この点は他のローンと変わりませんね。

男性

ビジネスローンのデメリット

ビジネスローンは公的融資や銀行融資に比べると、どうしても金利が高い傾向にあります。なので、あまりにビジネスローンを利用しすぎると金利だけで大きな金額を支払うことになります。そうならないためにも目先のお金だけでなく、金利の管理も忘れず行いましょう。

ビジネスローンを利用するメリット

貯金箱
no.1

審査が早い

ビジネスローンは、他のローンとは違い審査が早いというメリットがあります。急にお金が必要となることもあるビジネスにおいて、審査が早いのは助かるでしょう。場合によっては、即日での融資も可能となります。

no.2

資金の使い道が自由

ビジネスに関することであれば、どのようなことにお金を使っても問題ありません。ただし、どのようなことに使うのか申請時に尋ねられるので、あまりにビジネスと関係ないことに使うのはやめましょう。

no.3

担保と保証人がいらない

銀行融資や不動産担保ローンでは、保証人や担保が必要となります。ですが、ビジネスローンであれば必要とされません。倒産寸前など信用のない会社でなければ、担保がなくても数百万円ほど融資してもらえるでしょう。